会長指針

2022-23年度川崎大師ロータリークラブ会長 炭谷 博功

創立50周年 世紀を越えてさらに飛躍を

 この度、2022-23年度会長を務めさせていただくことになりました。
 少々不安な気持ちもありますが、指名された以上頑張るしかありません。又、本年度はクラブ創立50周年という記念すべき節目の年を迎えました。
 半世紀にわたり多くの先輩方が築きあげた伝統と実績を維持できるよう、緊張感をもってクラブ運営を実施して参ります。
 大役を仰せつかったことは責任を感じるとともに、大きなやりがいでもあります。会員皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いします。

 さて、2022-23年度ジェニファー・ジョーンズ国際ロータリー会長(初の女性会長、カナダ、ウィンザーローランドRC所属)は「IMAGINE ROTARY(想像しよう、私達がベストを尽くせる世界を)」というテーマを提唱されました。ロータリーでの参加型奉仕、人間的成長、リーダーシップの開発、生涯にわたる友情こそが目的意識と熱意を生み出すその趣旨を述べられています。

 また、国際ロータリー第2590地区志村雅治ガバナー(川崎南RC所属)の地区テーマは、『「ロータリーの再生」~新たな挑戦~』です。

  1. 魅力あるクラブ創りに向けて新たな挑戦。
  2. 会員基盤の拡大・強化に挑戦。
  3. 青年奉仕活動の充実に向けて新たな挑戦。
  4. 各クラブにあった新しい奉仕プロジェクトに挑戦。
  5. ロータリー財団と米山記念奨学事業に対するご理解と寄付のお願い。
  6. ロータリーの公共イメージの向上を図る。
  7. 会員交流会(新会員交流会・職業交流会)への参加。
  8. マイロータリーへの登録。
  9. 2022-23年度ロータリー賞(ロータリークラブ対象)への挑戦。

 以上9つの重点項目を掲げ、クラブ運営の基本となる考えを示されました。
 新型コロナウイルス感染症のまん延が始まって3年目を迎え、減少傾向にあるものの今後とも引き続き感染症対策を図りながらのクラブ運営が求められる。

クラブ活動方針

 RI会長及び地区方針を基本としてクラブの独自性を大切にした方針を策定する。

①全会員が力を合わせ魅力あふれるロータリークラブ「新たなる飛躍」目指す。
②親睦と奉仕というロータリーの原点を踏まえクラブの特徴を活かした楽しく充実したクラブ創りを目指す。
③会員の積極的な参加と行動を促すクラブ運営を実施する。
④女性会員・若い世代の入会について積極的に取り組む

 以上を念頭にクラブ運営を遂行したいと考えております。なお具体的には次のとおり

1、会員増強
 良好な財政基盤と健全なクラブ運営に欠くことのできない課題である。
 会員50名が目標(6名増)
 ・全会員が共通の目標としてとらえることが大切である。
 ・女性会員・若い世代の比率を高める。

2、奉仕活動
 毎年実施した①多摩川清掃②献血運動③子供食堂支援④ボッチャ大会等は継続事業とする。そのほかに大師地区で貢献できる事業を是非発掘したい。(存在価値が認められる事業)

3、親睦活動
 クラブの基盤は何といっても親睦です。異業種の集まりですから会員同士のコミュニケーションは、自分の業務だけでは知り得ない知識を得ることであり、人生の幅を何倍にも広げられる。コロナ禍では難しいが終息後は移動例会を積極的に実施する。

4、創立50周年記念事業
 準備委員会を立ち上げ既に数回打ち合わせを実施し、着々と本番にむけ進行中である。是非成功させたい。

 以上、ご協力よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ